最近のコメント
    カテゴリー

    せどりをビジネスとして軌道に乗せるには?

       2021/02/25

    せどりをビジネスとして軌道に乗せる方法ですが、一つはまず特商法を明記して商品をきちんと販売管理している所を証明して商品を販売することが望ましいです。と言うのも特商法は、商品を販売及び管理をしていることの照明と共に消費者の方に対しても配慮をしていることを証明することが出来るため特商法を記載するのは必要です。

    それと同時に特商法を記載後はそれらを法律に乗っ取り守る必要性もあり、商品トラブル時に交換や返品に応じるか応じないかを記載する必要があるのです。ここで注意をしておきますがトラブルが生じた場合交換に応じるか応じないか返品に応じる応じないかは販売者側に委ねられていますのである程度は商品販売者側がどう対処するかの自由は与えられています。

    その為、商品の交換に応じないと明記しておけば詐欺で訴えられることは無く口コミにおいても同様に返品に応じてくれないがs特商法に明記されているため一応問題ではないと捉えられるのです。

    次に商品確保ですが副業でせどりを行う場合、商品を確保することが重要ですが商品の確保方法は現在ではインターネットで商品をかき集めることが出来るので、高値で販売できそうな商品を安値で仕入れることが出来れば問題はないでしょう。ただし、現在ではネットで売られている販売の多くは販売価格を調べた上で販売をしていますので、言ってしまえば転売価格はかなり揃えられており、利益を追求することが難しくなっているのです。

    要はネットで販売をしている人物自体もネットで価格帯を良く調べているため、安い価格で売られている商品と言うのは何かしら問題がある商品であると言ってもよくそれらを考慮して商品を購入し転売しないとまず問題が生じ購入者とトラブルを起こすということです。

    これが嫌な場合リサイクルショップなどで商品を確保するのが望ましいやり方ですが、リサイクルショップは商品の確保が難しくなりつつあり、その理由は商品の売買をリサイクルショップで行う人物が少なくなっているため、リサイクルショップは現在商品が集まらないお店の候補となっており、メルカリやヤフオクのほうがまだせどりで販売する商品を確保しやすいというわけです。

    まとめますと、副業でせどりを成立させる場合、まず特商法を記載し商品を保証するかどうかを記載すること、そして商品の確保をすることが重要で商品の確保方法についてはネットか店頭で商品を確保するかが重要になるというわけです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    この記事へのコメントはこちら

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。