最近のコメント
    カテゴリー

    需給や経済を見極めて株の銘柄を選ぶ

     

    株で取引をするなら、企業も選ぶ必要があります。いわゆる銘柄選びです。選ぶ際には、現在の状況などを俯瞰した上で、適切な会社を選ぶのが良いとされています。運送や通販関連の銘柄などは、おすすめと言われる事も多いです。 病気による巣ごもりが原因で株価が伸びる 株価が動く理由は色々ありますが、経済状況もその1つです。社会生活に関わる変化などがあり、特定企業の株価が大きく上がることも実際あります。 現に過去には、通販関連の株価が大きく上がった実例もあるのです。なぜ上がったかというと、巣ごもりです。 株価が上がる少し前の時期に、病気が流行り始めました。ニュースなどで頻繁に情報が流れたので、心配していた方も少なくありません。しかもその病気が原因で、外出するのは好ましくないという雰囲気になりました。外出すると発病する可能性があるので、自粛するのが好ましいとされた訳です。 ですから多くの方は、外出せずに家に滞在するようになりました。ですが買い物に行けないのも困ります。そこで自宅でも買い物できるネット通販を利用する方が激増し、通販企業の株価が伸びた訳です。いわゆる巣ごもり消費は、通販の追い風になりました。 なぜ病気で運送会社は好調になったか 通販だけではありません。冒頭でも触れた運送関連の企業も、株価が大きく伸びていました。 そもそも通販は、どうしても運送というサービスを活用する事になるでしょう。通販会社かとしても運送業者と提携していますし、着払いなどを採用しているお店も沢山あります。 病気が蔓延すれば、多くの方は家に滞在します。必然的に通販の利用件数も多くなりますが、運送というサービスも例外ではないのです。 現に運送企業の株価を確認してみると、その病気が流行りだした頃から数字が伸びています。病気という特需は、運送企業の追い風になっていた訳です。 需給を分析すれば伸びやすい銘柄が見えてくる 上記の病気の実例は、ほんの一部ではあります。他にも実例は色々ありますが、少なくとも社会現象が関わっている事だけは間違いません。社会経済の仕組みや流れなどをよく分析してみると、「株価が上がりやすい」企業も比較的見つけやすくなります。 現に多くの株トレーダーは、需給などを分析した上で銘柄選びを行っています。将来性などを見越して、伸び盛りな銘柄を探している方も少なくありません。 ですから株の取引をしてみれば、需給などの経済の知識を覚える事もできます。それは株の隠れた魅力の1つなのです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    この記事へのコメントはこちら

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。